三池焼は、赤い器(辰砂釉をかけた やきもの)を特徴とする熊本の窯元です。ゆのみ・珈琲碗・皿・鉢・それに花器…和食器全般を陶芸作家が心を込めて作っています。

三池焼窯元 赤くてちっちゃな窯変壷(辰砂ちっちゃな窯変壷)【還暦や退職などのプレゼントに最適の九州熊本の手作り陶器です】  2000vase_yohen_small_red1

2,000円(内税)

定価 2,000円(内税)

購入数
ご注文の場合は写真の物を送ります。似た物が複数個必要な方はお問い合わせにてお尋ねください。


サイズ 径5.8cm 高さ6cm 中村秀昭作

窯変(ようへん)とは、窯内の酸素量の違いや温度差などにより, 陶磁器が予期しない釉色や釉相を呈することです。
本来は全体が赤色になるものです。
焼成中の酸素が多いところが緑色に、酸素が少ないところが赤く発色しています。
辰砂(しんしゃ)とは銅を使った赤い釉薬のことです。(鉱物の辰砂とは別物です)
ふちの部分が若干白くなるのは辰砂釉の特徴です。
小さめの壷ですので、食卓などのちょっとしたスペースに置くことができます。
レア物ですので愛好家の方に特に好まれています。

おすすめ商品